やってしまったと思う女性

オンラインカジノで注意したい違反行為とは

オンラインカジノは公平性を重視して運営されているので、ユーザーの違反行為に対しても厳しく対処します。
利用規約に従って楽しく遊んでいればあまり関係のないことですが、うっかりやってしまう違反行為もあるので注意しましょう。

入金方法で最も手軽なのはクレジットカードを使うことです。この時、他人名義のクレジットカードを登録するのは違反行為となります。赤の他人だけでなく親の名義であっても、クレジットカードは自分名義でなければ使うことができません。発覚すればアカウントを永久に作れないなどのペナルティが課されます。

アカウントを複数作成するのも禁止されています。
SNSなどでは複数アカウントを所有するのが珍しくないため、オンラインカジノ初心者は悪気がなく作ってしまうことがあります。アカウントの複数作成で問題になるのは、初回ボーナスが発生するためです。ほとんどのオンラインカジノは多くのユーザーを獲得するために、初回限定でプレイに使ったり出金したりできるボーナスを用意しています。あくまでも初めて利用したユーザー向けの特典なので、1人のユーザーが複数アカウントを通して何回もボーナスを得ることは違反行為です。
同一IPからは1つのアカウントしか作れないようになっているので、家族や恋人が遊ぶ別のアカウントを作ることもできません。

ボーナスに関しては使い方も知らなければ違反行為になることがあります。配られたボーナスには遊べるゲームが限定されていたり、1回あたりのベット額に上限があったりします。自分で入金して得たコインのように使うことはできません。この違反行為が発覚した場合、そのボーナスコインによって得た利益まで没収されるのでとても損です。
知らないと主張しても撤回されないので、事前にボーナスの利用方法はよく読んでおきましょう。英語が苦手だと正しく理解できない可能性があるため、日本後対応したオンラインカジノが安心です。